HOME > よくある質問

よくある質問

回答一覧

  • Q1. 自費出版を考えているんですが、出版社で依頼するのと印刷会社で依頼するのとではどんな違いがありますか?

    A1. 出版社と印刷屋の違いは、出版物を販売するかどうか、内容に責任がかかるかどうかの違いです。
    出版社は本を売って利益を得る団体です。そのため本は売れる体裁や流通に便利な大きさでなければなりませんし、読んで面白い内容でなければなりません。しかし多く売ろうとするため過激な表現になることもあります。書かれたことで論争や裁判等が起こった場合、出版社はその本の内容にまで責任を負うことになります。写真週刊誌等で訴えられているケースがそれです。
    印刷屋は本を作成することによって利益を得ます。出来上がった本を著者が売っても無料で配布しても印刷屋の儲けには関係はありません。そのためあなたが希望する装丁をすることができますので、趣味性の強いものや個性的なもの、価格を抑えたものなど著者の希望に沿った柔軟な対応が可能です。
    出版社から「本を作成して売ってあげます。その代わり何冊分かは著者が購入してくださいね。」という話をもちかけて来るところもあるようです。向こうから来る話においしい話は少ないです。内容をよく確認してから契約することをお勧めします。

  • Q2. どのくらいの部数から依頼できるんですか?

    A2. 1部からでもお受けいたします。ただし、部数に関係なく発生する費用もございますので、部数が多くなれば1冊あたりの単価はお安くなります。
    余分には必要ないですし、足りなくて追加するようであれば、追加分は割高なものになりますので、大雑把な必要数をお知らせいただければ、見積もりをさせていただきます。

  • Q3. 販売もお任せできるんでしょうか?

    A3. 残念ながら、現在販売はいたしておりません。

  • Q4. 文字だけでなく写真も取り入れたいんですが出来ますか?また金額はどれくらいになりますか?

    A4. はい、大丈夫です。データでも結構ですし、プリントした写真からでも加工ができます。
    プリントした写真の場合、ご自宅のプリンタで出力したものは画像がよくない場合があります。できればカメラ屋さん等で焼いてもらったものからのほうが、きれいに仕上がることが多いようです。
    金額は、写真点数やモノクロかカラーかによっても変わりますしこちらの加工の度合いによっても異なりますので、ご相談ください。

  • Q5. 手書き原稿でもよろしいんでしょうか?データの打ち込みが苦手なもので・・・

    A5. もちろん大丈夫です。弊社は小さな会社です、大企業にない小回りが利くという点が売り物です。どんなわがままにでも誠心誠意お答えします。安心してお任せください。

  • Q6. TELやFAX、サイト内での商品購入、サービスの申し込みは可能ですか?

    A6. 申し訳ございません。当社ではお客様のご希望をより詳しくお聞きし、制作させていただきたいと考えておりますので、お会いした上でのご契約とさせていただいております。なお、商品の販売などは一切おこなっておりませんのでご了承ください。

あらゆる印刷に関するお問い合わせはこちらから

{e}冊子印刷お問い合わせフォーム

まぐまぐ大賞
まぐまぐスタッフ賞受賞

『プロが教えるおきらく印刷術』

[マルチ印刷屋・いしとも]が、印刷やレイアウトのちょっとしたコツや決まりごと、印刷屋の裏話なんかをないしょでお話しちゃいます。

文字 普

文字 大

HOME

自分の著書を持つ!自費出版について

定期刊行物の実績多数!同人誌について

小部数小ロット対応!オンデマンド印刷について

出版するまでの道のり

出版特典

自費出版お問い合わせフォーム

よくある質問

出版用語辞典

会社案内

e冊子印刷
〒440-0084
愛知県豊橋市下地町字宮腰24-2
TEL:0532-54-1496
FAX:0532-54-2736
info@e-sasshi.com
詳細

 

携帯サイトにアクセス

二次元コード

携帯電話で読み取れば携帯サイトへ簡単に、アクセスできます。

 

いしとものおきらく日記

まぐまぐメルマガ登録

プロが教えるおきらく印刷術

【対応エリア】
東三河を中心に幅広く対応いたします。
愛知県豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、小坂井町、設楽町、東栄町、豊根村など